menu

あなたが年収よりもやりがいを求めているなら

結論、その考えは年齢によっては間違いだ。少なくともあなたが35歳を越え、現職である程度責任のあるポジション、例えばマネージャーやその一歩手前のリーダークラスならなおさらだ。

このブログは基本、35歳以上のあなたをターゲットにしている、もっと言うと40歳前後の方がコアだと思っている。もしあなたが20代の若手や30歳前後の若手と呼ばれる年齢層なら、またとるべき戦略もことなってくる。それらの年代では短期の年収増よりもやりがいや、本当にあなた自身が付加価値を出せることに重きを置いてもよいし、業界業種をまたぐような大きなキャリアチェンジもまだ可能だ。なぜなら年齢が若ければ面接者はその実績よりもポテンシャルを見て採用可否を判断するからだ。

簡単に言うと、35歳まではポテンシャル採用、35歳を越えれば実績による即戦力を企業は求めている。40歳を越えると実務者としてのスキルより、マネジメントとして組織としての実績やメンバーをどうリードしてきたが論点になる。これは私自身が工場長、社長として中途面接をする上で重視してきたポイント。転職エージェントや転職サイトで述べられている机上の空論ではない。実際に採用の現場で私が使ってきたクライテリアだ。私のクライテリアが世界の全てで同じとまでは言い切れないが、少なくとも企業の経営者としてこう考えているわけで、比較的一般解として扱って良い物だとは思う。

だからこそあなたが35歳を越えて転職するなら、転職面接であなたのやりがいやキャリアパスを語ることは無意味だ。面接官は新卒でもないあなたにそんなことを求めてなどいない。事業運営としては少なくとも実利面では結局、儲かるか否か?もう一歩ブレイクダウンすると売上を上げるか、コストを下げるか?つまり面接官はあなたが売上を上げることができるのか?それともコストを下げることができるのか?あなたの職務経歴書にあるトラックレコードを見ながら考えているわけである。そしてそれがあなたの希望する年収と整合性があるか?である。

つまり、あなたのやりがいは企業側からすれば論点からはずれている、何も求められていない。この事実をあなたはまず知るべきだ。そして私自身もこれを肝に銘じながら転職活動を繰り返し、複数の企業から内定を得てきた。実際そのうちに一つの会社で取締役社長として働いているわけだが。

あなたに対して、そして自分自身にたいして厳しいことを言う、『あなたや私のやりがいなどは企業にとって関係ない』。やりがいは仕事をしながら見つけていくもの、創り出していくものと割り切った方がよい。特に35歳を越えて転職するのならなおさらだ、やりがいを求めていてはいけない。

私は39歳から現在に至るまで短期間に3回転職をしてきた、つまり1社目を合わせると合計4社で働いたことになる。1社目は10年以上在籍し、そのなかで海外駐在も経験したがやりがいを求めて異動や転職したことはない。そして異動や転職を繰り返す中で毎日毎日やりがいを感じて朝会社に向かったわけではない。確かにやりがいを感じたこともある、それは事実だ。だが35歳を越えているあなたならわかるかと思うが高額なフィーを給料としてもらう仕事にそういつもいつもやりがいがついてくるわけではない。むしろ厳しく辛くそしてできることなら朝会社に行きたくない気持ちを乗り越えて結果をだすから高給がついてくるのだろう。世の中そんなに甘くはない。

一部の天才や秀才にとってはやりがいと高給を同時に成立させることもできるのだろうが、私程度の能力で高々年収1,000万から1,350万円程度の人間は戦略上やりがいは切るべきアイテムだと思っている。少なくとも私のキャリア戦略上はそうだ。

35歳を越えたあなたは転職でやりがいを求めるべきではない、少なくとも企業側はあなたのやりがいを提供するつもりなど毛頭なく、あなたが出すアウトプットに対してしかるべき年収を支払うのみだ。これがビジネス、そうシビアなビジネスの現実なのだ。

あなたが大企業かベンチャーに行くかで迷ったら

あなたが転職後に失敗したと思ったら

関連記事

  1. あなたにコロナ禍のなか面談や面接の依頼があったな…

    結論、まずはその面談や面接を受けてみればよい。なぜならノーリスクで自分の市…

  2. あなたが大企業かベンチャーに行くかで迷ったら

    結論、大企業に行った方がよい。なぜならベンチャーに行って活躍できる人は大企…

  3. あなたがコロナ禍で転職に二の足を踏んでいるなら

    結論、世間一般論的には正解だ。だが逆にここで大きなチャンスを勝ち得たかった…

  4. あなたが三年以内に離職を考えているなら

    結論、不正解だ、三年以上働いたことが一社もないなら。逆に三年以上働いたこと…

  5. あなたが己の市場価値に疑問を持ったら

    結論、まずは転職活動を始めるべきだ。転職活動=転職ではない、転職活動しても…

  6. あなたは最終面接で何をみられているのか?

    結論、最終面接では「この会社とフィットするか?」がみられている。なぜなら実…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Warning: imagepng(/home/c5363522/public_html/careerstrategy.biz/wp-content/plugins/siteguard/really-simple-captcha/tmp/1243651993.png): failed to open stream: Permission denied in /home/c5363522/public_html/careerstrategy.biz/wp-content/plugins/siteguard/really-simple-captcha/siteguard-really-simple-captcha.php on line 221

Warning: Use of undefined constant __FILENAME__ - assumed '__FILENAME__' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/c5363522/public_html/careerstrategy.biz/wp-content/plugins/siteguard/really-simple-captcha/siteguard-really-simple-captcha.php on line 254

CAPTCHA


PAGE TOP