menu

あなたがコロナ禍で派遣切りにあったなら

結論、それは会社からみてあなたにかかるコストが高かったからだ。なぜなら常に経営者はコストをいかに下げるかを考え事業運営をしている、そして切りやすいところから切る。

実際私はそうした。派遣切りをした、これは私の現地現物での体験。

会社からすればすべての従業員は損益計算書(PL)上はコストでしかない。直接員、簡単に言うと現場で働く技能系のメンバーの労務費、そして事務所で働く間接員の労務費。若干の費目の差はあれどそれらは全てコストだ。

よくものづくりは人づくりだ、人材育成だ、と耳障りの謳い文句を掲げているが(実際私も同じことをいっているが)、会社の運営上人の数だけ人件費がかかる。

そして会社からすればコアの部分は正社員にまかせ、付加価値の低い誰でもできる仕事は派遣社員で対応していもらうのがBetter。当然両者はアワーレートが異なるので、誰でもできる作業なら時給の少しでも低い派遣社員にまかせるのが一番コストが抑えられるからだ。

そしてコロナ禍で市場が冷え込む中当然売り上げ増は見込めない。業界によるが私の会社も現場維持が精一杯のところ。いや正直少し下がりつつある。そんな過酷な状況でも会社として黒字を確保し続けるのが工場経営者の仕事。赤字が続けば、正社員を減らすというオプションが現実味を帯びてくるから。といっても日本では正社員の首切りは簡単にはできないので、退職金を積み上げて早期退職のパッケージをのんでもらうことになる。

そんな最悪のシナリオを迎える前に少しでもコストを下げたい。当然製造現場や事務所で働くメンバーの業務プロセスを見直し、ムダとりを最大限実施する。これによりムダな残業はまず減らせるし、今までムダにしていた材料費/経費にもメスを入れられる。そしてそれと同時に労務費という切り口で考えたらやはり派遣社員を切らざるを得ない状況がでてくる。

はっきり言ってそんなことしたくない。喜んで派遣切りする人間がいたらきっとサイコパスかなんかだろう。だが工場の運営を維持するためには、そうせざるを得なかった。派遣の彼ら彼女らにも当然生活がある、中にはシングルマザーでお子さんが小さい方もいた。今派遣切りにあって、このコロナ禍のなかで次の職が見つかるのか?そんな保証などどこにもないし、厳しい状況になるのは明らかだろう。

誰も切りたくないが、誰かを切らざるを得ない。それは好きとか嫌いとかの問題じゃない。私は単純に派遣社員の全員のコストを算出した。アワーレートと定時および残業時間がわかれば簡単に計算できる。そしてコストのかかるものから順に切った。派遣元によって若干アワーレートに差はあるものの、単純に残業が多い者がコスト増になる。彼ら彼女らを切った。

パフォーマンスは考慮しないのか?あなたはそう言うかもしれない。パフォーマンスは参考程度にしかみない。なぜならそもそも派遣社員にお願いしている作業は簡単で代替のきくものだからだ。

人間関係はみないのか?あなたはそう言うかもしれない。これも同じく参考程度にしか考えない。他の正社員と仲の良い派遣社員もいるし、あまり仲の良くない派遣社員もいたが、好き嫌いでビジネスは回せない。

あなたがもし派遣切りにあったなら当然次の会社を探すだろう。もし次も派遣社員として働くなら、他の派遣社員のアワーレートと残業時間はチェックしておいた方がいい。アワーレートを調べるのは難しくても、残業時間ならわかるはずだ。オフィスで働くなら派遣元が違ってもアワーレートはおよそ同じなので残業時間の方がクリティカルだ。

そして仕事でパフォーマンスを発揮し、他の正社員とも良好な人間関係を築くのと同時に、他の派遣より少し低めの残業時間に抑えておくことだ。経営者によってはドラスティックにコストだけで派遣を切る人間がいるからだ、私のように。

会社は常にコストを下げることを考えている。正社員であれ派遣社員であれすべて会社にとってはコストの一部、そして会社は切りやすいところを時に躊躇なく切る。会社を存続させるために。

あなたは最終面接で何をみられているのか?

あなたが三年以内に離職を考えているなら

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP